voip-monitor_1

データシート

VoIP Monitor

VoIP Monitor は、VoIP (Voice over IP) の通話品質が満足できるパフォーマンスレベルかどうかを継続的に測定・監視し、サービス品質 (QoS) レベルの データを収集してレポートを作成します。

VoIP Monitor を使用すると、VoIP サービスレベルを的確に把握することができます。データと音声を総合的に管理する責任があるネットワーク管理者は、VoIP Monitor を使用することで、VoIP の詳細な可視化情報を得られ、WhatsUp Gold の実用的なインテリジェンスとシームレスに統合して、ネットワークを完全にコントロールできます。

企業が日々の業務を行うためには、信頼性の高い音声通信が必要になります。VoIP の有用性・経済性を評価した企業が、従来の音声通信システムから VoIP インフラストラクチャに切り替え、既存のデータネットワーク上に VoIP を展開しようとすると、新たな問題が浮上する可能性があります。既存のネットワークは、本来、データトラフィック専用のネットワークとして設計されているので、音声トラフィックが追加されると、両方のトラフィックに全体的なパフォーマンスの低下が生じる可能性があります。そのため、ネットワーク容量が適切な VoIP QoS を維持しているかどうかを継続的に測定して、アプリケーションと音声の両方のトラフィックの応答時間に遅延が生じないよう監視する必要があります。

VoIP のネットワークパフォーマンスを正確に測定

VoIP Monitor を使うと、VoIP の通話品質が満足できるレベルかどうかを継続的に監視できます。ネットワークのサービス品質(Quality of Service、QoS)レベルに関するデータとレポートを収集し、Cisco IP SLA対応デバイスによって生成された情報にアクセスして、ジッタ、レイテンシ、パケット損失などのパフォーマンスパラメータを監視します。また、MOS(Mean Opinion Score、平均オピニオン評点)や ICPIF(Impairment / Capacity Planning Impairment Factor)も表示します。

WhatsUp Gold VoIP Monitor は、IP SLA 測定と、SNMP アクティブ監視で生成されたデータを活用して、ローカルネットワークおよび WAN リンク上の VoIP 固有のネットワーク指標を測定します。SNMP データを使用してネットワークで発生している可能性のあるジッタ、レイテンシ、パケット損失のグラフとレポートを作成します。測定データと IP SLA によって生成されたコーデックシミュレーションデータを組み合わせることで、ライブネットワークにおける VoIP の MOS と ICPIF 音声品質スコアをグラフ化することもできます。

VoIP 測定のパフォーマンスモニタ

VoIP Monitor には、ソースからディスティネーション、ディスティネーションからソースの、ジッタ、レイテンシ、パケット損失を測定する6つのパフォーマンスモニタが含まれています。さらに2つのパフォーマンスモニタが、MOS と ICPIF スコアリング情報を提供します。

VoIP Monitor 設定ユーティリティ

設定ユーティリティが用意されており、IP SLA のソースとディスティネーションを識別するために必要な設定にかかる時間は最小限に抑えられ、すぐにデータ収集が開始できます。

設定ユーティリティは、WhatsUp Gold データベースをスキャンして、認証情報を持つ SNMP デバイスを検出します。デバイスが特定されると、IP SLA ソースデバイスを VoIP RTT (往復時間) データのソースに選択できます。ユーティリティの手順に従って、選択した IP SLA デバイスの VoIP パフォーマンスモニタ、ワークスペースビュー、およびアクティブモニタを設定できます。MOS アクティブモニタは、ネットワークの劣化により測定値が設定されたしきい値を下回った場合に警告を通知するよう設定できます。

VoIP Monitor ワークスペース・ビュー

VoIP Monitor は、WhatsUp Gold の管理およびレポートインフラストラクチャに完全に統合されています。測定データは、帯域幅やインタフェース使用率などの WhatsUp Gold のデータベースに統合され、統合ビューから VoIP 固有のデータに簡単にアクセスできます。

 

moveit-2

WhatsUp Gold の監視機能をお試しください