automated-file-transfer

ベスト・プラクティス

自動ファイル転送

ファイル転送ワークフローを実現するために、古くなったスクリプトと込み入った手動プロセスに頼っていると、エラーが発生しやすくなり、敏捷性も得られません。セキュリティ侵害を受けて機密データを漏洩させてしまう可能性も高くなります。

 

スクリプトを使用せずに、高速で正確、かつ安全なファイル転送を実現

古くなったスクリプトと込み入った手動プロセスに頼っていると、エラーが発生しやすくなり、セキュリティ侵害を受けて機密データを漏洩させてしまう可能性も高くなるので、集中管理できる自動ファイル転送を実施することが重要です。マネージド・ファイル・トランスファー (Managed File Transfer、MFT) は、インテリジェントな管理された自動ファイル転送を行い、コンプライアンス要件も満たすことが可能です。ファイル転送を自動化するためのベストプラクティスとして、次のような点を考慮します。

  • よく繰り返され、エラーが発生しやすい手動プロセスを排除
  • ファイル内のメタデータに基づいてコンテンツをインテリジェントにルーティング
  • ファイル処理フローの一環として、次のステップに備えるられるようにファイルを処理
  • 他のシステムと統合できるよう、転送イベントを直接バインド

次のような自動化オプションをサポートする必要があります。

  • 名前の変更、パディング/トリミング、メタデータ拡張などの基本的なファイル処理操作
  • zip 圧縮/解凍、暗号化/復号化などのアーカイブ/パッケージ処理操作
  • 構造化文書の検証、翻訳、変換などの整合性チェック操作
  • アンチウイルスやデータ損失防止ワークフローなどのデータ保護操作
  • MFT とコードやスクリプトを使う他のシステムとの間でスムーズにやり取りできる標準ベースの統合オプション
  • コンテンツの処理を続行できるよう、データベースにロードするための、基本的な抽出、変換、格納 (Extract, Transform, and Load、ETL) 操作

MOVEit Automation は、誰もが使用できるビジネスワークフローを定義するためのシンプルで強力なユーザーインタフェースを提供します。MOVEit Automation を使用すると、イベントやスケジュールに基づいて FTP サーバーとの間でファイルをプッシュ/プルしたり、ファイルの内容を操作/変換したり、転送、保存、削除のためにファイルを管理するなどのタスクを自動化できます。

 

自動化関連ブログ