moveit-2

What's New - WhatsUp® Gold 2020

Wistia video thumbnail
ページを選択

WhatsUp Gold 2020 では、マッピング機能が向上し、便利な組み込みレポートが追加されてレポート機能がさらに充実し、スケーラビリティとパフォーマンスも強化されました。統合用 REST API として、新しい REST API も追加されました。WhatsUp Gold 2020 で、問題検出と問題解決がさらにスムーズになりました。

2020 の新機能 !

パルス・アイコンとアイコンのカスタマイズ

カスタマイズ可能なデバイスアイコン - ライブラリに搭載されたデバイスロールのアイコン以外に、思い通りの最適なアイコンをアップロードして使用することができます。また、状態が変化したことを示すパルス・アイコンも追加できるようになりました。NOC やウォールボードにパルス・アイコンが表示されると、注意を引きやすく、即座に対応できます。

2020 の新機能 !

必要に応じてタイムアウト設定

ブラウザのタイムアウト・オプション - セキュリティのためにブラウザにタイムアウトを設定できます。NOC スクリーンにはタイムアウトがないように設定することもできます。

2020 の新機能 !

より速やかに詳細情報を把握

より充実したレポート機能 - 新しいレポートが追加され、少ないクリック数で簡単にチェックしたいレポートを表示できます。ライブアクティビティレポートをデバイスでフィルタリングしたり、すべてのアセットの詳細を確認したり、IP/MAC アドレスの詳細を確認したりすることができます。

2020 の新機能 !

高速化とスケーリングの強化

スケーラビリティの向上 - メモリ使用量の最適化でマップ生成が高速化し、リンク計算も向上しました。

お試しください

無料試用版を用意しています

試用版をダウンロード

ご質問ください

お問い合わせフォームからお願いします

お問い合わせフォーム

REST API による強力な統合機能

パブリック REST API のサポート - WhatsUp Gold には強力な REST API 機能があり、独自のシステムやスクリプトと簡単に統合できます。一連の REST API 呼び出しを使って、WhatsUp Gold から特定のデータを抽出したり、別のシステムやスクリプトから情報を入力したりして、ワークロードを自動化できます。現在のステータス情報を抽出して他のシステムで使用したり、変更を加える前にデバイスを自動的にメンテナンス(保守点検中)モードにしたり、デバイスを追加したり削除したり、監視を追加したり、等々、様々なことが可能です。WhatsUp Gold 2019.2 には、クレデンシャル、デバイス、ロール、モニタなどに関する多くの REST API 呼び出しが追加されました。詳細は、REST API ページと、REST API ガイド(英語)を参照してください。

NTA-World-Map-Screenshot-WUG-2019-2

NTA トラフィックを世界地図上に表示

ネットワークトラフィック分析の強化 - NTA デバイスとフローを世界地図上にわかりやすく表示できるようになりました。さらに NTA は、無線アクセスポイントから受信したデータを使用することで、より詳細な名前解決が可能になりました。新しい機能で、トラフィック分析がより簡単になり、さらに効果的に利用できます。

Cloud-APM-Screenshot-WUG-2019-2

クラウドアプリケーションの監視

クラウドアプリケーションパフォーマンスの監視 – WhatsUp Gold の アプリケーションパフォーマンス監視に AWS と Azure を監視する機能が追加されました。APM で有効なすべての強力な機能がクラウド監視に統合され、AWS または Azure 環境でのクラウドベースのアプリケーションの監視が簡単に行えます。

Active-States-Report-Screenshot-WUG-2019-2

より詳細なアクティブステータスレポート

デバイスのアクティブステータスレポートの機能強化 - デバイスのアクティブモニタステータスのレポートが、監視タイプ、状態(アップ/ダウン/不明/メンテナンス)、開始時刻、期間を表示するようになり、フィルタリング機能も改善されました。また、リモートのアクティブステータスレポートでは、複数のリモート環境にわたって状態をレポートできるようになりました。

ライブアクティビティのビデオ説明 (日本語音声)

今起きていることをリアルタイムで確認

ライブステータスバーとライブアクティビティ - 監視アクティビティの詳細がリアルタイムで確認できます。スクリーン最下段にライブステータスバーが追加され、ステータスの変化、アラート、変化した内容など、WhatsUp Gold が監視している状況をリアルタイムでチェックできます。ライブステータスバーをクリックすると、ライブアクティビティダッシュボードが表示され詳細なアクティビティを確認できます。デバイスを選択し、タイプや重大度などでフィルタリングしたライブアクティビティレポートを作成できます。IT 管理者にとって何が起こっているかを確認できる優れた方法であるとともに、NOC 表示としても適切です。

Suspicious-Connections-Screenshot

疑わしいトラフィックを特定

疑いのあるトラフィック(接続)レポート- ネットワークトラフィック分析を使用して、ネットワーク内外の疑わしいIPアドレスとのトラフィック接続と会話を検出できます。セキュリティの脅威に迅速に対応し、被害を最小限に抑えるための適切な措置を取ることができます。新しいIPレピュテーションライブラリを使用して、独立したソースから最新のブラックリストを取得して追加したり、独自で疑わしいIPアドレスをリストに追加したりして、コントロールすることが可能です。疑いのあるトラフィック(接続)レポートの情報を使って、ユーザーネットワークの異常なパターンに関する警告設定を行い、疑わしいアクティビティを通知するようにすることもできます。

設定情報の不一致箇所を簡単に検出

設定情報比較レポート - アーカイブされた複数のデバイスの設定情報をわかりやすく並べて表示する設定情報比較レポートが追加されました。設定情報の違いを容易に追跡でき、不一致箇所が簡単に検出できます。

設定情報比較のビデオ (日本語キャプションは [CC] で)

WhatsUp Gold 2020 についての「よくある質問」もお読みください。

v16.5 からスムーズに高機能バージョンにアップグレードできます

  • Hyper-V と VMware ひと目でわかる仮想環境監視
  • AWS と Azure クラウドの可用性とパフォーマンス監視
  • 監視の詳細がリアルタイムで確認できる ライブアクティビティ
  • Cisco の Meraki、Aruba などの無線デバイス ワイヤレス監視
  • 対話型インタフェース と カスタマイズ可能なダッシュボード
  • 既存ダッシュボード (WhatsUp Gold v16.5) からの 自動移行
WhatsUp Gold v16.5 から 2020 に追加された機能はこちら
Network-Monitoring_CTA-BG

ネットワーク全体を統括的にコントロール

WhatsUp Gold の無料試用版をダウンロード