moveit-2

MOVEit® Transfer

パスワード付き ZIP ファイル送信 (PPAP) にかわるデータ転送

MOVEit Transfer はいろいろな場面でデータを送信・転送・共有することができます。Outlook メール、Web インタフェース、モバイル端末から、安全にデータを送信、共有することができ、さらにオンプレミス、パブリッククラウド(AWS、Azure)、プライベートクラウド、仮想環境などで動作可能です。
パスワード付き ZIP ファイル送信(PPAP)を置き換えることができ、さらに安全性、運用性を高めることができます。 厳しい各コンプライアンス、PCI DSS、HIPAA、GDPR、ISO27001、FIPS-1402、FISMA、BASELなどに準拠しており、操作性を犠牲にすることなく多くのセキュリティ対策がされています。

PPAP廃止のニュース(平井大臣の発言)


2020年11月17日、平井卓也デジタル改革担当相は定例会見で、中央省庁で使用されてきたパスワード付き zip ファイル送信 (PPAP) を廃止する方針であると明らかにしました。そして直後の11月26日には、内閣府・内閣官房でさっそく廃止されました。

政府の発表以降、PPAPの廃止を表明する企業が続いています。内心は「やめてもいい」と考えていた企業が、実は多かったということでしょう。PPAPを実践してきた多くの企業にとって、「政府のお墨付き」とさえいえる今回の動きは、これまでの慣習やシステムを見直す絶好の機会になるはずです。

PPAP とは?

Password 付き zip ファイルを送ります、
Password を送ります、
An号化(暗号化)
Protocol(プロトコル)

PPAP によるファイルの送受信手順:
 1. 送信者は、添付ファイルをパスワード付き zip ファイルで暗号化し、メールに添付して送信する。
 2. 送信者は、1.で送信した添付ファイルのパスワードを、別途メールにて送信する。
 3. 受信者は、送信者から受け取った添付ファイルとパスワードによってファイルを復号し、中身を得る。

PPAP の問題点は?


パスワードが同じ経路でメール送信されるため、ファイルを添付したメールがハッキングされていればパスワードも簡単に入手可能となり、実際のセキュリティ効果は限定的です。

また、受信側にとってマルウェアの侵入経路としても問題視されています。解凍するまで中身を確認できないパスワード付きZIPファイルは、メールサーバーでのウイルスチェックができません。

 MOVEit Transfer で安全にファイルを送信できます。

プログレスは、MOVEit Ad Hoc Transfer を提案します。

 
MOVEit Ad Hoc Transfer は、セキュリティを確保しながら、様々なデータ共有を可能にします。そのため、 MOVEit Ad Hoc Transfer は、PPAP の強力な代替ソリューションです。データ共有には、Outlook メール、Web インタフェースを使用し、主に個人対個人のデータ共有を行います。

WP-PPAP-Alternative-web-diagram

 

MOVEit Ad Hoc Transfer を使うと、以下のことが実現できます。

  1. メールで送信できるファイルの容量は無制限
  2. メール本文と添付ファイルを分離し、添付ファイルは MOVEit Transfer に AES-256 暗号化保存
  3. ログインパスワードと、ダウンロード URL は、MOVEit Transfer から別経路で送信
  4. Outlook メール、Web インタフェースから簡単な送信操作
  5. 送信添付容量、保存期間、ダウンロード可能期間および回数などを個別設定可能
  6. 送信取り消しが可能
  7. 多要素認証、外部認証、シングルサインオン (SSO)、TLS/SSL、SSH 暗号化
  8. McAfee、Symantec、Trend Micros、Sophos 社などのウィルス対策及び情報漏洩エンジン (DLP) エンジンと統合可能
  9. オンプレミス、Azure、AWS、プライベートクラウド、仮想環境で動作

 手間のかかる操作は必要ありません。

MOVEit Ad Hoc Transfer を使うと、エンドユーザーは普段使っている Web ブラウザや Outlook から、手間なく、安全、迅速にファイルやメッセージを他の人に送付できます。
操作は簡単。送りたいファイルを添付して送付するだけです。ファイル容量の制限はありません。
受信者は、追加のプラグインやソフトウェアなしに、どの Web ブラウザからでもファイルを取り出せます。ファイルを受信するのに MOVEit のユーザーである必要はありません。

WP-PPAP-Alternative-web-interface-outlook
WP-PPAP-Alternative-web-interface-web

text

MOVEit は各国際機関のセキュリティコンプライアンスに準拠・認定

blog-ppap2-fig01

 

システム要件

 

サーバーハードウェア要件
CPU:  2.6 GHz クアッドプロセッサ
メモリ:  8 GB
ディスク: 1 TB (推奨)
ソフトウェア要件
Windows Server 2019 64 bit Standard
Windows Server 2016 64 bit Standard
Windows Server 2012/R2 64 bit Standard
データベース要件
MySQL (デフォルト・同梱)
SQL Server 2017、2016、2014
Azure SQL
動作プラットフォーム
オンプレミス
VMware、Hyper-V 仮想環境
Azure、AWS パブリッククラウド
SMTP メールサーバー
iMail Server、Office 365 などの SMTP メールサーバーとの連携

 

製品購入について

製品は、サイバネットシステム (株)、ダイワボウ情報システム (株)、ソフトバンクC&S (株)、(株) ネットワールド、及びそのパートナー各社から購入いただけます。
現在キャンペーン実施中です。キャンペーン詳細はこちらです。

ご質問、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

moveit-cta-bg

MOVEit Transfer を無料でお試しください

おすすめのコンテンツ

「今後、中央省庁ではPPAPを廃止します」。2020年11月17日の政府会見で、平井卓也デジタル改革担当相はこのように発言しました。直後の11月26日には、内閣府・内閣官房でさっそく廃止されました。

PPAPを廃止するとして、本来の目的である「安全なファイル共有」を実現する代わりの手段を考える必要があります。具体的にはどのような技術やソリューションがあるのでしょうか。

授与されたさまざまな賞と認証

ima-network-world-asia-2017dcs-2016-runner-upmedtech-breakthroughima-2018info-tech-2019-gold-medalBreadth of featuressql-server-2016-certified