ハイブリッド IT による運用方法の変革

ハイブリッド IT による運用方法の変革

製造業においては、サプライチェーンがますます複雑化する中で、グローバル・レベルの競争も激化しており、競争力を保ち続けるには常に革新を目指すたゆまぬ努力が必要です。 第四次産業革命の到来にあたって、製造業者が、運用をより効率化し、データを実用的な情報へと分析し、市場投入までの時間を短縮し、優れた製品またはサービスを提供できるようにするためのテクノロジーと戦略を模索すべきことは理の当然であり、それ以外の選択肢はないと言っても過言ではないでしょう。

ハイブリッド IT が現代の製造業を推進

そのためにはまず、基盤となる IT 環境を、ビジネス・ゴールとイニシアチブの実現に益する最適なものに整える必要があります。従来の古いインフラストラクチャをクラウドと組み合わせたハイブリッド IT への移行が推奨されます。ハイブリッド IT では必要なときにいつでも適切なツールを提供することができ、ビジネスの運営方法をより良い形に変えることができます。オンプレミスとクラウドベースのサービスを融合させることで、アプリケーション、データ、サービスを効率的に配布できるようにしてイノベーションを加速させ、厳しい業界の中で競争力を維持することができます。   

製造業でハイブリッド IT を採用することの利点として、既存の古いインフラストラクチャやアプリケーションも、当面は有効に利用できるという点があります。何らかのビジネスプロセスを大幅に変更したり、ハードウェアのソフトウェアのメジャーアップグレードがあった場合など、既存のインフラストラクチャやアプリケーションでは対応できないと考えられた時点で、クラウドベースの代替物に置き換えることができます。ハイブリッド IT を実装することには、以下のようなメリットがあります。

  • ニーズに応じて共有または拡張できるシステムを使用して継続的なイノベーションを促進できる柔軟性
  • データを活用することでビジネスのアジリティが向上(データがどこに存在するかに関係なく、リアルタイムで詳細に分析して即座に行動し、市場の需要に対応することができる)
  • すべてのユーザーに適切なレベルの安全なアクセスを確立することによるセキュリティの強化

製造企業固有のニーズによって、必要なハイブリッド IT ソリューションが決まりますが、製造業に合うソリューションとしては次のようなものがあります。

エンタープライズアプリケーション管理

企業資源計画(Enterprise Resource Planning、ERP)システムは、企業の様々な業務領域にわたってビジネスオペレーションを合理化し、ワークフローを管理するための基本的なツールです。重要なビジネスプロセスと製造プロセスを統合し、俯瞰的な管理ができます。

ERP システムの価値を最大限に高めるには、企業のビジネスに重要なアプリケーションを活用してコストを削減し、各プロセスを見直して改善し、情報に基づいた意思決定をサポートできるような体制を整える必要があります。エンタープライズアプリケーション管理(Enterprise Application Management)は、ERP システムが、プライベートクラウド、パブリッククラウド、およびハイブリッドクラウド全体で常に的確に機能することを保証するのに役立つ幅広いアプリケーションプロセスとプラクティスを網羅しています。アプリケーションを常時監視し、管理し、メインテインできます。生産性を最大化し、コストを削減し、価値実現までの時間を短縮しながら、より効率的に業務を遂行できます。

セキュリティソリューション

製造業者はサイバー犯罪者が集中的に狙うターゲットであるとともに、ライバル企業へのスパイ活動を行うならず者国家のハッカーの標的にもなっており、資産の保護は重大な課題です。デジタル変革が進行するにつれて、IT 環境はより複雑になり、サイバーセキュリティの脆弱性拡大につながっています。IT 環境の複雑さは、セキュリティを実装する従来の方法も非効率化します。

環境の包括的な可視性を提供するハイブリッド IT ソリューションで、企業のセキュリティを強化できます。データの保存場所でのセキュリティ保護は重要ですが、様々なオンプレミスやパブリック/プライベートクラウドインフラストラクチャとの間を移動するときにデータを保護できることも、同様に極めて重要です。多様な本番サイト間でアクセスされるデータとアプリケーションは保護される必要があります。

そのためには、マルチレイヤのセキュリティ戦略、つまり多層防御が最適です。IT インフラストラクチャ全体を保護するために多層のセキュリティレイヤとコントロールを適切に組み合わせて配置します。サイバーセキュリティの脅威に対して、ネットワークセキュリティとエンドユーザーレベルのセキュリティの両方を考慮して、積極的な防止策をとります。

ホスティングとクラウドソリューション

プラットフォームやアプリケーションなどのクラウドベースのソリューションは何を提供するでしょうか?スピード、アジリティ、拡張性、そして市場の需要に迅速に対応するために必要な詳細な分析情報をリアルタイムで獲得できる能力です。これらによって、製造サイクル時間が短縮され、生産性向上とワークフロー最適化につなげることができます。クラウドベースのアプリケーションでは、コンプライアンス遵守のプロセスやレポート作成を自動化することもできるので、貴重な時間の節約にも役立ちます。

 

単一のクラウドモデルに制限する必要はありません。費用対効果が高く、成果を上げやすいハイブリッドクラウドモデルを採用することもできます。パブリッククラウドとプライベートクラウドを最大限に生かした展開が可能です。

マルチクラウド展開は、重要なワークロードを最適なクラウドに割り当てます。展開方法には、ハイブリッド、プライベート-プライベート、パブリック-パブリックがあります。複数のクラウドにワークロードを分散することで、信頼性と可用性が向上し、規制コンプライアンス要件を満たすことができます。

まとめ

製造業界で企業が生き残るには、変化は常により良い方法を検討する継続的なプロセスであるという考え方を維持する必要があります。変化し、進化し続ける製造企業のニーズに、システムが対応可能であることを確認する必要があります。競争力を維持したい製造会社にとっては、ハイブリッド IT は新たな常識になっています。ビジネス戦略に合わせて、適切なテクノロジー採用することが肝要です。

 

Comments
Comments are disabled in preview mode.
Thanks for subscribing! Loading animation