avoiding-data-loss-during-a-data-migration

データ移行中のデータ損失の回避

データ移行中のデータ損失の回避

大規模なデータ移行は大変な作業です。移行中にはデータの損失や破損が生じる危険性が高くなるので、慎重の上にも慎重を期す必要があります。そこで頼りになるのが、フェイルオーバー機能を備えたマネージド・ファイル・トランスファー・ソリューションです。

IT部門が取り組まなければならない最も困難なプロジェクトをリストするとすれば、大規模なデータセンターの移行は間違いなくトップ近辺に分類されるでしょう。データの移行は、ダウンタイム、予算超過、リソース不足、遅延など、多くの問題が発生する可能性がある困難なプロセスです。さらに、セキュリティ上の懸念があります。

データ移行には危険が伴います

オフィスの移転、合併や買収、インフラストラクチャのクラウド移行など、様々なことが原因で、データ移行を行わざるを得ない状況が発生します。どのようなケースであれ、データ移行のプロジェクトを実施することになれば、考慮しなければならないことの1つは、データ損失の可能性です。問題なくスムーズに進行することはあまり考えられず、手を焼いている間にいつの間にかあるべきデータが見つからなくなったり、データ内容がどこかで変更されてしまったりする可能性は否定できません。最も起きてほしくないときに重要な問題が発生するマーフィーの法則を想起させられる事態は珍しくありません。そのような事態になっても慌てなくてすむ方法があります。フェイルオーバー機能を備えたマネージド・ファイル・トランスファー・ソリューションを使用することです。

データ移行に伴う危険は、メタデータとの整合性に問題が生じる、ハイパーリンクが正しくなくなる、バージョンの混乱、関係者への通知不徹底による混乱、その他さまざまなものがありますが、最も重大なリスクはデータの損失や破損でしょう。特にインフラストラクチャの大部分を移動するような大規模なデータ移行の場合は、データ損失の可能性は高くなります。そのため、恒久的な移動の前にデータ移行プロセスをテストし、最悪のシナリオにどう対処すべきかを計画する必要があります。

データセンター全体の移行が必要だとしても、全体を一度に移動することは避ける方が無難です。データを一度にではなく少しずつ移行するのは面倒なように思えるかもしれませんが、データ損失の危険性を低下させ、データ損失が発生した場合の回復への時間や手間を最小限に抑えることができます。そして、データの損失や破損に備えて、フェイルオーバー機能を確認してください。データ損失が発生しても、発生前の状態に戻して移行を再試行することができます。

データ移行に対応するにはマネージド・ファイル・トランスファー

データ移行中のデータ損失のリスクを軽減できるツールは、マネージド・ファイル・トランスファーです。MOVEit マネージド・ファイル・トランスファーには、毎日24時間中断なしのファイル転送を保証できるフェイルオーバー機能が含まれています。MOVEit Automation を使うと、データ転送プロセスの大部分を自動化できるので、データ損失やコンプライアンス違反の危険を最小限に抑えることができます。

MOVEit Automation は、さらに保証付き配信や保存中のデータの PGP 暗号化なども提供します。データの安全性が保証され、データの存在場所とアクセス日時が記録されるので、データ移行には最適です。

また、GDPR などのコンプライアンス規制を満たさなければならない場合、 MOVEit Transfer では、転送のログが不正操作防止対策が施されたデータベースに記録されるため、ISO 27001、HIPAA、PCI、GDPR、SOX、BASEL I/II/III、FIPS、FISMA、GLBA、FFEIC、ITAR、その他のデータ・プライバシー規制の遵守が可能です。

データ移行プロセスにマネージド・ファイル・トランスファーを活用するべき理由は多々あって、使うべきでない理由は見当たりません。REST API で、外部のアプリケーションやサービスと、MOVEit との間でのカスタム統合も可能であり、利用価値の高い製品です。

 

関連ブログ


Comments
Comments are disabled in preview mode.
Thanks for subscribing! Loading animation